転職ノウハウ

20代で転職して失敗しないために確認すべきこと【採用担当が紹介】

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

新卒で入社した会社から20代で転職を考えている方、その転職、あなたの人生にとって本当にプラスになりますか?

私はとある企業で人事を担当していますが、これまでもったいないと思う退職者を何度も見てきました。

私個人としては転職自体には反対ではありません。

転職した方がその人の人生にとってプラスになると思うケースもあります。

しかし、20代の転職は本当に良いのかと問いたくなるケースが多いのです。

そこで今回は20代で転職しても失敗しないために確認すべきことを紹介します。

20代の転職で後悔しないためには「逃げ」の転職をしないこと

私自身が考える人生にとってマイナスの転職とは「逃げの転職」です。

逃げの転職とは、例えば現職の不満を解消するために自分自身で何も努力せずに転職してしまうようなことを言います。

そんな転職が人生にマイナスになる理由は、転職先でも同様に不満があれば再び転職をしてしまうからです。

最初の転職はハードルが高く感じると思いますが、少子高齢化により生産年齢人口が減少している現在、転職自体はそれほど難しいことではありません。

そうすると現職の不満を理由として、何のスキルも経験も身につかないまま転職を繰り返すことになります。

魅力的なスキルや経験を持たない転職は年収ダウンに繋がります。

このように、「逃げの転職」はあなたの人生にとってマイナスになるばかりなのです。

ただし、残業代が支払われないといったコンプライアンス違反が行われているような、いわゆるブラック企業に勤めている方は今すぐ転職活動を始めた方が良いでしょう。

転職の方法を超具体的に話そう【現役人事おすすめの手順】現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。 この記事は次のような方のために、現役で中途採用担当をつとめる私が持って...

20代で転職したくなったら3つのポイントを確認しよう

「逃げの転職」は人生にマイナスという話をしましたが、どうすれば「逃げ」でないか判断できるのでしょうか。

それはこれから紹介する3つのポイントを確認することで判断できます。

  1. 転職理由は職場への不満ではないか
  2. 現職で実績は残したか
  3. 職場のメンバーに自信を持って転職することを伝えられるか

①転職理由は職場への不満ではないか

まず転職理由が職場への不満かどうかが問題です。

例えば下記のような理由であれば問題ありません。

  • 別の会社でしかできないことがある
  • 親の介護等で地元に帰らなければならない

一方、転職理由が職場への不満だとすれば、次のことを確認してください。

  • 不満解消のためにこれ以上何もやれることはないと言える努力をしたか
  • 具体的にどんな努力をしたのか説明できるか

このような「現職への不満解決に対する努力」については、面接で必ず問われますので絶対に答えられるようにしてください。

②現職で実績は残したか

何か一つでも「あなたが主体となって」残した実績ありますか?

上司からの指示で行った仕事でも構いません。

あなたが主体的に考え、行動し、得られた成果を振り返ってください。

成果を残せなかったのなら、その理由・反省点と今後に向けて何か実施したことはあるか確認してください。

一つも実績がなければ、今はまだ転職するには早いかもしれません。

なぜなら中途採用は、第二新卒対象でなければ、必ず前職の経験・知識・スキルを活かして早期に活躍してくれることを期待されています。

そのため、実績もない状態で転職活動をしても内定を取ることはできません。

また、運良く転職できたとしても、実績を残すプロセスを経験していないため成果の上げ方が分からず、転職先での評価が下がってしまう可能性もあります。

③職場のメンバーに自信をもって転職することを伝えられるか

これは、①②を踏まえて最後に確認してほしい最重要事項です。

自信を持って転職することを伝えられるということは、自分にとってやましいことが何もない状態であると言えます。

さらに、上司・先輩・同僚に「なぜ転職するのか」問われた時に自信をもって説明できることがベストです。

なぜなら転職先が決まった後に強い引き留めにあう可能性もあるためです。

また、世間は意外と狭く、前の勤め先が取引先・協業になることもよくあります。

ギクシャクした関係で逃げるように転職してしまった場合、後でやりにくくなるでしょう。

後悔しないために希望の求人について詳しく調べよう

ちなみに、「逃げの転職」ではないと自信をもって言えるようになるだけでは、絶対後悔しないとは言い切れません。

それは、受けようと思っている求人が本当に自分の希望に合うのか分からないからです。

例えば下記のケース。

  • 求人の記載内容がザックリしていて仕事内容を理解しにくい
  • そもそも募集要項が更新されていない
  • 募集部門長が変わって部門の方針や職場のカラーが変わってしまう

そのため、気になる求人があったら最新の情報を調べてから選考を受けるようにしましょう。

求人を詳しく知るには転職エージェントを使うべき

気になる求人の情報を自分だけで調べるのは非常に困難です。

知り合いがその職場にいるのであれば間違いありませんが、そんなことはなかなかありませんよね。

そこで転職エージェントを利用すべきです。

転職エージェントは契約している企業に対して求人の詳細を聞くことができます。

しかも、企業の人事担当だけではなく、人材を募集している部門の部長や課長などの入社後に上司になる人にインタビューすることもできるのです。

これなら間違いなく事前に希望と仕事内容のミスマッチを防ぐことができますね。

「転職エージェントを利用すると興味の無い求人も紹介されそう」という不安もあると思いますが、このように自分の希望の求人を調べてもらう、自社を客観的に見てもらうというように、こちらから能動的に利用するのがオススメです。

転職エージェントの上手な利用方法は次の記事で紹介しています。

転職エージェント利用時の注意と対策【採用担当が教える】現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です! 転職エージェントは転職活動を効率的に進めるための強力な味方です。 で...

まとめ

以上、20代で転職して後悔しないために、大きく次の2点をお話ししました。

  1. 「逃げの転職」でないことを確認すること
  2. 転職希望先の求人をよく知ること

そして、転職希望先の求人を詳しく知るためには転職エージェントを利用すべきことも忘れずに。

本サイトでは転職に失敗しないために、企業の採用担当目線で転職ノウハウを発信しています。

是非以下の関連記事も読んでみてくださいね!

転職の方法を超具体的に話そう【現役人事おすすめの手順】現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。 この記事は次のような方のために、現役で中途採用担当をつとめる私が持って...