面接対策

【転職】面接で直感的に違和感や合わないと感じた会社は辞退すべき?

この前受けた会社から内定が出たけど、直感で雰囲気が合わないと思った。これって辞退した方が良いの?

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

私はこれまで、中途採用担当として数百人の面接を担当してきました。

そんな私が採用担当目線で「面接で直感的に会社と合わないと感じたら辞退すべきか?」

この疑問にお答えします。

面接で直感的に合わないと感じた会社は辞退すべき?

面接を受けた会社の雰囲気が何となく直感的に合わなくて、内定をもらっても入社すべきか迷うことってあると思います。

ただ、直感という何の根拠もないモヤモヤを信じて良いのかという不安もありますし、一方せっかくもらった内定を蹴ったら次はないかもしれないという不安もありますよね。

ですが中途採用担当としてハッキリ言います。

自分の気持ちを信じて辞退すべきです。

面接官も合わないと感じることがある

経験則ですが、私自身面接していて合わないなと思う人が入社してきてもやっぱり活躍していません。

不思議なもので何人もの人と面接をして、入社してから活躍している人とそうでない人をたくさん見ていると、会って話しただけでこの人は採用すべきだというのが感覚的に分かるようになります。

逆に不安を抱いた時には不安は的中するんです。

この感覚は5年ほど中途採用担当をして分かってきたことですが、常に面接官として同席している上司も共感してくれています。

面接で違和感を感じたまま入社することのリスク【経験談】

正直、自分が本当に会社に合っているかどうかは面接時点ではどうやっても分かりません。

でも、面接で直感的に「面接官と合わない」などといった違和感を感じた時点で、入社を控えた方が良いです。

なぜなら、実際に自分がその会社に合っているかどうかではなく、合っていると思えるかどうかが問題だからです。

自分自身が納得せず疑問を感じながら入社して、モヤモヤしながら働くことは自分自信に成長のストッパーをかけてしまうことになります。

これは私の経験談ですが、この会社でキャリアを積んで良いのかと疑問に思いながら働いていた時期がありました。

私の場合、雰囲気が合わないというわけではなく職種が合わないという別の理由でしたが、このままでいいのかと悩みながら仕事をしているうちはモチベーションも低く物覚えも悪く成長も遅かったと思います。

どんな環境でも成果を出せるかどうかは自分次第なのですから、納得して入社したいと心から思える会社に入社すべきです。

合わないと感じたのは一人の面接官に対して?

一言に合わないといっても「何となく」漠然としていることが多いと思いますが、「誰と」合わないのかは明らかにしておくべきです。

ある面接官一人と合わないだけで入社しないという判断はやめた方が良いでしょう。

例えば自分の職場を思い浮かべてみると、部長だけがみんなから嫌われていることってありますよね?

そんなことが応募先でも起きているかもしれません。

部長だけと合わないならいつかは部長はいなくなるので気にしなくて良いですし。

ですから、他の人とは合いそうなら入社しても良いのではと思います。

ただ、面接の空気や多くの面接官と合わない時は直感を信じることをオススメします。

転職を成功させるには絶対に押さえるべきポイントがある

雰囲気が合わないと感じても辞退を即決できない理由の一つには「次いつ内定取れるかわからない」という不安があるのではないでしょうか?

それなら合格率を上げて「まあ次がある!」と思えるようになれば良いですよね。

ハルダさん
ハルダさん
ここでは中途採用担当の経験から気づいた合格率アップのポイントを紹介します!

転職活動を成功させるためのポイントは、企業が求めるスキル・経験・知識を正しく把握して、自分がマッチする人材であることをアピールすることです。

そのためには「徹底した情報収集」が必要です。

本当に必要な情報収集には転職エージェントの協力が必要

情報収集といっても、ネットで拾えるような情報だけでは面接官に刺さるアピールはできません。

なぜなら、企業としては「こんなスキルや経験を持つ人材が欲しい」という情報を詳しく公開してしまうと、これから企業が人を増やして実行しようとしていること、つまり戦略がバレてしまう危険性があるため全ての情報を公開しているとは限らないからです。

そのため転職エージェントには「非公開求人」というエージェントに登録した人にしか紹介されない求人もあるほど。

このように、情報戦となる転職活動を成功させるには、転職エージェントの協力が必要です。

次のような悩みがあるなら、本当に必要な情報収集ができていない可能性が高いので、転職エージェントを見直すべきです。(転職エージェントを使っていない方は今すぐ登録すべきです)

  • 希望の求人が見つからない
  • 書類選考が通らない
  • 自己PRがイマイチ面接官に響かない

では、どんな転職エージェントがあなたの転職活動を成功に導いてくれるかというと、下記の通りです。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!