面接で直感的に合わないと感じた会社は辞退すべき?【現役人事の答え】

転職ノウハウ

この前受けた会社から内定が出たけど、直感で雰囲気が合わないと思った。これって辞退した方が良いの?

現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。

私はこれまで、中途採用担当として数百人の面接を担当してきました。

そんな私が採用担当目線で「面接で直感的に会社と合わないと感じたら辞退すべきか?」

この疑問にお答えします。

スポンサードサーチ

面接で直感的に合わないと感じた会社は辞退すべき?

面接を受けた会社の雰囲気が何となく直感的に合わなくて、内定をもらっても入社すべきか迷うことってあると思います。

ただ、直感という何の根拠もないモヤモヤを信じて良いのかという不安もありますし、一方せっかくもらった内定を蹴ったら次はないかもしれないという不安もありますよね。

ですが中途採用担当としてハッキリ言います。

自分の気持ちを信じて辞退すべきです。

面接官も合わないと感じることがある

経験則ですが、私自身面接していて合わないなと思う人が入社してきてもやっぱり活躍していません。

不思議なもので何人もの人と面接をして、入社してから活躍している人とそうでない人をたくさん見ていると、会って話しただけでこの人は採用すべきだというのが感覚的に分かるようになります。

逆に不安を抱いた時には不安は的中するんです。

この感覚は5年ほど中途採用担当をして分かってきたことですが、常に面接官として同席している上司も共感してくれています。

スポンサードサーチ

合わないかもと感じながら入社することのリスク【経験談】

正直、自分が本当に会社に合っているかどうかは面接時点ではどうやっても分かりません。

でも、自分自身が納得せず疑問を感じながら入社して、モヤモヤしながら働くことは自分自信に成長のストッパーをかけてしまうことになります。

これは私の経験談ですが、この会社でキャリアを積んで良いのかと疑問に思いながら働いていた時期がありました。

私の場合、雰囲気が合わないというわけではなく職種が合わないという別の理由でしたが、このままでいいのかと悩みながら仕事をしているうちはモチベーションも低く物覚えも悪く成長も遅かったと思います。

どんな環境でも成果を出せるかどうかは自分次第なのですから、納得して入社したいと心から思える会社に入社すべきです。

合わないと感じたのは一人の面接官に対して?

一言に合わないといっても「何となく」漠然としていることが多いと思いますが、「誰と」合わないのかは明らかにしておくべきです。

ある面接官一人と合わないだけで入社しないという判断はやめた方が良いでしょう。

例えば自分の職場を思い浮かべてみると、部長だけがみんなから嫌われていることってありますよね?

そんなことが応募先でも起きているかもしれません。

部長だけと合わないならいつかは部長はいなくなるので気にしなくて良いですし。

ですから、他の人とは合いそうなら入社しても良いのではと思います。

ただ、面接の空気や多くの面接官と合わない時は直感を信じることをオススメします。

スポンサードサーチ

面接合格率アップの方法

雰囲気が合わないと感じても辞退を即決できない理由の一つには「次いつ内定取れるかわからない」という不安があるのではないでしょうか?

それなら合格率を上げて「まあ次がある!」と思えるようになれば良いですよね。

ここでは中途採用担当の経験から気づいた合格率アップの方法を紹介します。

まずは皆さんに質問です。

皆さんは面接の合格率アップのために最も重要なことは何だと思いますか?

あなたを採用する会社の立場を想像して少し考えてみてください。

はい、答えはとてもシンプル。

それは、会社が求める人材とあなたのスキル・経験が合うかどうかです。

あなたのスキルや経験がマッチする会社を受けることで、会社にとってあなたは喉から手が出るほど欲しい人材になれるのです。

つまり、転職活動で成功するためにあなたがすべきことは、求人内容を正しく理解し、いかにあなたのスキルや経験の中で求人に合うポイントを探してアピールするかということです。

特に重要なのは求人内容を正しく理解することで、詳細まで理解すれば「この経験やスキルが活かせそう!」「この仕事なら似たようなことやってた」といったところが見えてきます。

「なら募集要項を読み込んで求人内容を理解したらいいのね!」と思うかもしれませんが、募集要項はかなり要約されているので、いくら読み込んでも詳細を知ることはできません。

それではどうすれば良いのでしょうか?

実はここで転職エージェントの出番です。

ところで皆さんは転職エージェントを利用していますか?

ここからは、既に転職エージェントを利用している方もそうでない方も最後まで読んでいただきたい内容なので流し読みはしないでくださいね。

話を戻しましょう。

転職エージェント利用の本当のメリットは、大量の求人を検索できることでもなく、面接対策してくれることでもありません。

それは「あなたが狙った企業の求人内容を詳しく知れること」です。

転職エージェントに依頼すれば、募集要項の裏にある背景や求められるスキルや人物像などの詳細を直接企業の採用担当者に聞いてもらうことができるんです。

というより、見る人によってはその会社の将来の戦略を予測できるてしまいますので、求人内容の詳細なんて転職エージェントでなければ教えてもらうことはできません。

ここまでの説明で転職エージェントに登録すべき理由をご理解いただけたでしょうか?

「早速登録しよう!」という方、最後まで読んでくださいね。

転職エージェントはどこでも良いから登録すれば良いわけではありません。

なぜなら、転職エージェントに登録するとあなた専属のキャリアアドバイザーがつきますが、そのアドバイザーが求人内容の詳細を正しく理解できる人でなければいつまでたっても結果は出ないからです。

ですから、転職エージェントには一度に複数登録して「この人だ!」と思えるアドバイザーがつく確率を高める必要があります。

「面倒だなぁ」と思いますか?

1社につき5分くらいで登録できますから3社登録しても15分程度です。たった15分で一生を左右するようなアドバイザーに出会えるかもしれないと思えば短い時間ですよね。

とはいえ闇雲に何社も登録すると、電話やメールが鳴りまくってどの求人にどのエージェントから登録したのかわからなくなったり、変なエージェントに登録して紹介された企業がブラックだった!なんてことになるリスクがあります。

そこで私が中途採用担当として実際に取引した中で、成約率の高い転職エージェントを紹介します。

早くそして確実に転職活動を成功させたい方は、是非次の記事をご覧ください。

▼中途採用担当がオススメする求人サイトと転職エージェントはこちら!

現役人事がオススメ!求人サイトと転職エージェント
現役人事として中途採用を担当する私が実際に業務で関わった中で本当に信頼できて、採用側の視点でオススメできる求人サイトと転職エージェントを紹介します。 ちなみに、以下の記事では現役人事のハルダディ流転職ノウハウを紹介していますの...