【転職】書類選考でほぼ内定なんてことはある?【採用担当が教える】

転職ノウハウ

中途採用では書類選考の時点で内定が決まることがあるってホント?でも面接官は書類のどこを見て判断するんだろう。なかなか書類が通らないから気になるなぁ…。

現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。

私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した方から転職の成功談・失敗談を聞いてきました。

そして、様々な転職エージェントとも関わる中で転職活動に関するノウハウを聞いてきました。

このような採用活動の中で仕入れた情報に加えて、採用担当者の視点や経験に基づいてその疑問にお答えします。

▶ 自分にマッチする求人を紹介してくれるサービス【エージェント不要?】

スポンサードサーチ

書類選考でほぼ内定なんてことはある?

書類選考の時点で採用が決まってることがあるってホント?

書類選考の段階で内定を決めることは少ないですが「この人はほぼ内定だろう」と感じることはあります。

その場合、あとは面接で人物面を見たり、書類に記載されている内容が本当かどうかを確認して合否を決定することになります。

面接官としては早く求人にマッチする人を採用したいと思っているので、内定しそうな人の書類が来ると面接が楽しみに思うこともあります。

ここだけの話、書類を見て内定が期待できる人は面接でもひいき目に見ることもあります。

それだけ書類選考は重要ということです。

面接官は書類選考で何を見てるの?

書類選考の重要性はわかったけど、面接官が書類選考で何を見ているのか気になりますよね。

それが分かれば履歴書を書く時にどこに注力すれば良いか分かり、合格率は上がるはずです。

ここでは面接官が書類選考で見るポイントについて紹介します。

どんな経験をしてきたか

最も重要視するのは「どんな経験をしてきたか」です。

なぜなら、次に重要なのはスキルや知識ですが、それらを使って「何ができるのか」を判断できるからです。

スキルや知識は確かに重要ですが、使えなければ意味がありません。

ですから面接官が知りたいのは、その人に何ができるのかという点です。

そして書類選考をするときは「中途入社者にはこんなことをやってもらいたいから、こんなことができる人が欲しい」ということを考えています。

どんなスキルや知識を持っているか

スキルや知識は使えなければ意味がないとは言いましたが、採用を検討する材料になりやすいため履歴書の中では目が行きやすいです。

なぜならどんなスキルや知識を持っているのか履歴書に書いてあれば、どの程度業務上の話が通用するかイメージできるからです。

例えば具体的には、履歴書の保有資格に簿記2級と書いてあれば、ある程度会計のことが分かるとイメージできますよね。

ですから履歴書にはあなたが持っているスキルや知識を遠慮無く書くようにしましょう。

転職理由

転職理由から、応募者の性格や求人とのミスマッチが起きないかが分かります。

例えば、当たり前ですが残業が多いのが嫌で転職活動をしているのに残業の多い部門で採用することはできませんし、技術的な専門性を高めたい人がマネージャーのポジションに応募してきても採用することはできませんよね。

また、長期雇用が前提の会社なら、長く働いてくれるかどうかも転職理由から予想しています。

このように転職理由から分かることも合わせて合否を検討しています。

どんな経歴か

経歴というのは学歴も含めて、どのような企業や部署を渡り歩いてきたのかということです。

人事的な視点になりますが、経歴を見ることでどんな人物かがぼんやり見えてきます。

例えば極端ですが、3浪して大学に入ったことが分かれば「こだわりが強いかも」と思ったり、1年ごとに異動を繰り返していたら「集団に馴染めないのかも」と思ったりします。

このように、面接官は懸念事項を予想して面接で理由を確認したり実際に会った印象で人物面を評価しているのです。

スポンサードサーチ

書類選考通過率が悪い時に見直すべきこと

転職活動をしていると書類選考がなかなか通らないことがあります。

そんな時は次のことを確認してみてください。

自分に合った求人に応募しているか?

未経験の仕事をしたくて転職しようとしても書類選考が通る可能性は低いです。

それは企業がなぜ中途採用をするのかを考えてみると分かります。

企業としては新規事業を立ち上げたり、早期に組織のパフォーマンスを高めたりすることを目的として即戦力人材を求めています。

育成に時間がかかっても良いなら新卒採用をすれば良いからです。

そこで重要なのはあなたの経験・スキル・知識が企業が求めるものと一致しているかということです。

あなたが応募しているのは自分の経験・スキル・知識のどれか一つでも当てはまっていますか?

そうでなければ応募する求人を見直してみてください。

転職エージェントは本当に自分に合った求人を紹介してくれているか?

あなたは転職エージェントが紹介してくれるなら間違いないと思って、紹介された求人にひたすら応募していませんか?

書類選考が通らない場合には転職エージェントが本当に自分に合う求人を紹介してくれているか、一度確認した方が良いかもしれません。

私は採用担当として書類選考を行いますが、かなりの数でなぜ応募したのか分からない方の書類を見かけます。

受かる可能性が低いのを応募者本人が分かっていれば良いのですが、エージェントが求人を理解する能力がなく、応募者にマッチしない求人を紹介してしまっている可能性もあります。

もし不安な方は、私が作成した転職エージェント信頼度チェックリストで自分の担当者が信頼できるかどうか、チェックしてみましょう。

▶ 転職エージェント信頼度チェックリスト【採用担当が作成】

流石にエージェント探しからやり直すのは面倒、という方はこちら。

▶ 自分にマッチする求人を紹介してくれるサービス【エージェント不要?】