面接

【転職】面接の回答を暗記できない人はどうすればいい?

転職活動の面接に備えて、予想される質問の回答を暗記しようとされる方が多いと思います。

ですが、回答を暗記できなくて苦労されている方も多いのではないでしょうか?

実は、面接の回答を暗記しなくても答えられる方法はあります。

今回は、その方法についてご紹介します。

面接の回答は暗記「してはいけない」

まず、暗記できないと悩み、この記事をお読みいただいている皆さん、暗記はしないでください。

基本的に暗記は無理です。

たまにスラスラと話す方はいますが、暗記しているのではなく、普段の会話のようにその場で考えて答えているだけです。

おそらく緊張していないのでしょう。

緊張しやすいからといって答えを暗記するとどうなるか。

覚えるから、その通りに話そうとします。

そして、覚えた通りに話せないことが「失敗」となってしまうので、余計に緊張しやすくなって、暗記したことを思い出せずしどろもどろに、という悪循環に陥ってしまうのです。

では、どうすれば良いのでしょう。

ここで、面接で話す目的に立ち返ってみてください。

面接では話すことそのものは目的ではなく、情報を伝えることが目的ですよね。

そう考えると、まず即答する必要はありません。つまり、思い出すのではなく考えながら話しても良いということです。

また、スラスラ話さなくても良いです。

営業などの求人では流れるように説明できるかを見られるかもしれませんが、多くの場合、自分の理想とする半分のスピードで話しても全然問題ありません。

むしろゆっくり話す方が考える余裕が生まれるので結果的に言葉に詰まらず話せるはずです。

そして、意外とできない方がいるのですが、聞かれていることに答えましょう。

暗記してきた回答があると、それを言おうとして面接官から聞かれていることからズレた回答になってしまうことがありますので注意してください。

まとめると、「一息ついて」「ゆっくりと」「考えながら」話すことを心がけてみてください。

緊張をなくすことに集中すると、逆に緊張に意識が向いてしまいます。

なので緊張をなくすことの代わりに、とにかく「一息ついて」「ゆっくりと」「考えながら」話すことに意識を向けることで緊張から意識をそらすことができます。

暗記してはいけないが準備は必要

暗記するなといっても、何も準備しなくて良いという意味ではありません。

もちろん、自分がなぜその求人に応募したのか、何をもって貢献できるのかなど、よく聞かれる質問には答えられるようにしなければなりません。

では、暗記しないでどうやって準備するのか?

それは、自分の頭で考えておくことです。

自分で調べて、自分で考えたことは頭に残ります。

そうすることで、覚えた文章を思い出すのではなく、考えたことを思い出しながら話すことになります。

そうすれば、誰かと普通に話すときの感覚に近くなるので、不自然な回答になりにくくなるでしょう。

自分の頭で考えるときのコツは、「面接で聞かれる質問に対してどう答えるか」ということから逆算して材料を集めることです。

例えば、面接で「当社の選考を受けようと思った理由を教えて下さい。」という質問に対して「この求人では○○の経験が求められているからです」と答えたいとします。

すると、「どんな経験を求められているのか?」について調べて「自分はどんな経験をしてきたか」について考えますよね。

このプロセスを経ることが、回答を暗記しなくても頭に答えが浮かぶようになるポイントなのです。

そもそも一問一答型の面接は少ない

新卒採用のイメージがあるからか、面接では聞かれたことに一気に答えなければならないと思うかもしれません。

そうなると、答えを暗記しなきゃと思ってしまいます。

でも実は「はい、自己PRして」とか「志望動機を教えて」という一問一答型の質問は少なく、面接官と会話するような面接が多いのです。

新卒採用では応募者が複数名ということもありますが、中途採用面接では、基本的に応募者は1人なので会話での面接ができるわけです。

それでも暗記したいなら

どうしても回答を暗記したいのであれば、徹底的に練習するしかありません。

面接というよりも、プレゼンの練習をイメージした方が良いと思います。

試して欲しいのは以下の3つです。

  1. 文章ではなく型を覚える
  2. 何度も声に出して練習する
  3. 場数を踏んで面接に慣れる

文章ではなく型を覚える

まず、文章を覚えようとしても本番で緊張することはお伝えしました。

どうすれば良いかというと、型を覚えることです。

最も有名なのは「PREP法」です。

これは、結論→理由→具体例→結論という型に沿って話していく方法です。

例えば、以下のようなイメージです。
【P:結論】私は○○のスキルで御社に貢献できます。
【R:理由】なぜならこのスキルを使って業績アップに貢献してきたからです。
【E:具体例】例えば○○というプロジェクトでは…。
【P:結論】このように、御社においても○○などの業務で貢献できると考えております。

型を覚えることで話したい内容を連想できるので文章を思い出すよりも楽です。

何度も声に出して練習する

次に、何度も声に出して練習してみてください。

はじめは暗記したい文章を音読して、なんとなく頭に入ったと思ったら何もみないで声に出しましょう。

練習するときは、面接の様子を想像しながらつっかえても良いので何度も練習してください。

何度も声に出して練習することで頭に文章を染み込ませていきますので、前日に覚え始めるのでは遅いです。

せめて1週間くらい前から、夜と朝に練習することをおすすめします。受験勉強でも暗記モノは夜と朝に勉強することで覚えやすくなると言われています。

場数を踏んで面接に慣れる

最後に、やはり暗記したことを思い出せなくなる原因は緊張ですが、最後は慣れるしかありません。

「面接って、面接官と普通に会話するだけなんだ」くらいに思えるようになるまで面接を受け続けることです。

なかなか面接を受けることが難しいのであれば、転職エージェントを利用すれば面接対策をしてもらうこともできます。

また、忙しい中で練習を続けるのはかなりシンドイので、誰かに伴走してもらうことでモチベーションを保つことができます。

転職エージェントは担当よって急かされることもあるので、本気で転職しようと思うならコーチングを受けることがオススメです。

コーチングは「目標達成を支援するコミュニケーション」です。

コーチとの定期的な対話を通じてモチベーションを維持しながら、様々な問いかけを受けることで自分一人で考えるよりも、広い視野で思考を深めていくことができます。

コーチングの中で自分で深く考えていきますので頭に残りやすく、たとえ暗記に頼るとしても自分で考えたことなら楽でしょう。

人事がコーチングで目標達成やお悩み解決を支援します 経験10年の現役人事がコーチングでキャリア相談に乗ります!

中途採用面接の回答の基本は「マッチすること」

最後に、中途採用面接での回答を考える際の基本をお伝えします。

転職活動の基本はマッチングです。

転職活動を成功させるためには、企業が求めるスキル・経験・知識を正しく把握して、自分がマッチする人材であることをアピールしなければなりません。

そのためには「徹底した情報収集」が必要なのです。

本当に必要な情報収集には転職エージェントの協力が必要

情報収集といっても、ネットで拾えるような情報だけでは面接官に刺さるアピールはできません。

なぜなら、ネットに公開されている情報は誰でも見ることができる情報です。それではライバルに差をつけることはできません。

また、企業が欲しがっている人材をピンポイントに把握するには応募する企業から情報収集するのが最も正確です。

ですから転職活動は情報戦なのです。

このように、情報戦となる転職活動を成功させるには、転職エージェントの協力が必要です。

次のような悩みがあるなら、本当に必要な情報収集ができていない可能性が高いので、転職エージェントを見直すべきです。(転職エージェントを使っていない方は今すぐ登録すべきです)

  • 希望の求人が見つからない
  • 書類選考が通らない
  • 自己PRがイマイチ面接官に響かない

では、どんな転職エージェントがあなたの転職活動を成功に導いてくれるかというと、下記の通りです。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!