面接対策

【転職】面接に行きたくない時の対処法のヒントは「応募前」にある【意外?】

転職活動してるけど、なんだか面接に行きたくない…。ドタキャンはまずいよな〜、誰か対処法教えて!

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した方から転職の成功談・失敗談を聞いてきました。

そして、様々な転職エージェントとも関わる中で転職活動に関するノウハウを聞いてきました。

このような採用活動の中で仕入れた情報に加えて採用担当者の視点や経験に基づいてその悩みにお答えします。

面接をドタキャンしたくなる理由

転職活動をしていると、面接当日だというのに行きたくないと思うことがあります。

転職したいのにいざという時に弱気になる自分に落ち込むこともあると思いますが、気にすることはありません。

転職活動の面接はとてもエネルギーを使うものですから、頭では分かっていても体が拒否することは仕方ないことなのです。

しかし、いつまでも面接を受けないわけにもいきませんのでドタキャンしたくなるのを防ぐ方法をお伝えします。

まず、面接に行きたくなくなる理由は大きく3つ考えられます。

  1. 自信がない、不安
  2. 志望度が低い
  3. 体調不良

③は仕方ないので、この理由のうち①②に対してアプローチしていく必要があります。

ただ、③についても転職活動がうまくいかないストレスが精神面に影響している可能性もありますので、①②を解消することで体調不良によるドタキャンもなくなるかもしれません。

でも、面接をドタキャンしたくなる気持ちを抑える方法なんてあるのでしょうか?

面接に行きたくなくなることを防ぐカギは「応募前」にある

実は、面接に行きたくなくなることを防ぐカギは、面接当日ではなく選考に応募する前にあるのです。

どういうことか説明しましょう。

面接を受けたい会社とは?

まず、あなたはどんな企業の面接なら受けようと思いますか?

一つ目は、入社したい会社ではないでしょうか?

面接に行くのは何のためかと考えると、その会社に入社するためですよね。

ということは、入社したくない会社の面接に行きたくならないのは当然です。

そして、行く気がない会社の面接を受けても時間の無駄ですから、受ける必要もないのです。

二つ目は、受かると思える会社です。

転職活動をしていると、なかなか受からず自分を否定されているような気持ちになることがありますので、徐々に自信のない面接には行きたくなくなってきます。

そんな時、少しでも「受かるかも?」と思えるような会社があれば受けてみたい!という気持ちになりますし、面接で評価されるポイントが1つでもあれば自信に繋がります。

このように、面接に行きたくなくなることを防ぐためには、入社したい会社や受かると思える会社に応募することが重要なのです。

ただし、入社したい会社というのは「憧れの」会社ということではないので注意が必要です。

入って幸せになれる「入社したい会社」とは?

もし入社したい会社に入ったとしても、入って幸せにならなければ転職成功とは言えません。

「入社したい会社」というと有名な大企業を思い浮かべるかもしれませんが、それは単なる「憧れの」会社です。

私が考えるのは、職場から必要とされ、活躍できることをイメージすることで、入社したいと思う会社のことです。

転職理由は人それぞれですが、せっかく大変な転職活動をするのなら働くことを楽しめる職場に転職すべきですし、そんな求人に応募することで転職活動はうまくいくのです。

ただ、そんな私の考える「入社したい会社」や「受かると思える会社」に応募するには転職エージェントの力を借りる必要があるのです。

応募する会社選びは転職エージェントを利用すべし

私の考える「入社したい」「受かると思える」会社とは、あなたの持つ経験やスキルと、求められていることがマッチして(合って)いる求人を出している会社のことを指します。

具体例を挙げると、とある求人で「自動車の営業マン」を求めているのなら、自動車の知識を持っているか、営業経験があるなら、その求人は「あなたとマッチする」といえます。

これなら転職先でも前職で得た知識経験を活かして活躍することができますよね。

当たり前ですが、そのような求人なら「受かるかも」と思えますよね。

逆に詳細も分からず応募しても的外れになることが多いので非効率ですし、そもそも受かると思うことができないため、ドタキャンしたくなる可能性も高くなります。

しかし、あなたにマッチする求人は、募集要項の表面だけ眺めても見つかりません。

なぜなら、中途採用の求人は募集要項に書き切れるほど単純ではなく、募集要項を見てもわからないことが多いからです。

だから中途採用を行なっている会社は、人材紹介会社(転職エージェント)を通じて応募者に求人の詳細を説明してもらっています。

そのため、応募者であるあなたがマッチする求人を探すには、求人の詳細を知るために転職エージェントから情報を入手する必要があるというわけです。

あなたの転職エージェントは信頼できますか?

ということは転職活動の成否は、あなたの担当となったエージェントの求人の詳細と応募者の経験やスキルを理解する能力次第ということになりますが、残念ながら転職エージェントの能力や対応は一律ではありません。

あなたが利用する転職エージェントは信頼できますか?

転職活動の経験が豊富な方でなければ、転職エージェントが信頼できるかなんて分からないと思います。

そこで、私が採用担当の経験を通じてどんなエージェントなら信頼できるかについて考え、エージェント信頼度チェックリストを作りました。

このチェックリストを使えば、既に利用しているエージェントの担当者が信頼できるか確認できますし、信頼できないとしたらこれから頼るべきエージェントの条件も分かりますので是非一度チェックしてみてください。

▶ 転職エージェント信頼度チェックリスト【採用担当が作成】

まだ転職エージェントに登録していない方もこれから登録する際、失敗しないように必ずチェックしてくださいね。