面接対策

明日面接なのに何もしてない人は「諦めてOK」【理由があります】

転職活動中なんだけど、明日面接なのに何もしてない。今からできることはあるかな…。

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した方から転職の成功談・失敗談を聞いてきました。

そして、様々な転職エージェントとも関わる中で転職活動に関するノウハウを聞いてきました。

このような採用活動の中で仕入れた情報に加えて、採用担当者の視点や経験に基づいてその悩みにお答えします。

★メーカー人事オススメの転職エージェントはこちら★

製造業に強い転職エージェントをメーカー人事が紹介!【間違いなし】

明日面接なのに何もしてないなら「諦めてOK」

明日面接なのに何もしてないと焦っている方、諦めて大丈夫ですよ。

バカにしているように聞こえるかもしれませんが、ちゃんと理由があります。

それは、転職活動においては応募段階で合否が決まるからです。

具体的には下記の記事で説明しているのですが、明日面接なのに何もしてないということは、応募段階でも注力していないはずですよね。

転職の方法を超具体的に話そう【現役人事おすすめの手順】現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。 この記事は次のような方のために、現役で中途採用担当をつとめる私が持って...

ですから明日面接の会社は最低限の準備をして、ダメ元で受けてみて、面接で得たことを次の面接で活かせればOKです。

今からできることは限られていますし、応募段階でしっかり考えずに応募した会社にたまたま入社できても、また迷いが出て、再転職なんてことにもなりかねません。

最低限準備すること【1時間あれば十分】

今からできる面接準備は限られていますが、面接官として必ずと言っていいほど聞くことを紹介しますので、それだけ押さえておきましょう。

具体的には以下のポイントです。

  • 会社概要と選考を受ける職種の募集要項の確認
  • 自己紹介
  • 現職で何をしてるか
  • 得意・不得意なこと
  • 転職理由
  • 応募先の選考を受けた理由

上記を準備したら、あとは面接で聞かれたことに素直に答えるだけです。

想定外の質問にはまずその場で考えてみて、答えられないならそれでOK。

他の会社でも同じことを聞かれるかもしれませんので次に活かしましょう。

面接も積み重ねです。

次の面接までにすべきこと

次の面接までにすべきことですが、既に選考が進んでいるのなら仕方ありませんが、まだ進んでいないのであれば、応募する求人選びからやり直すことをオススメします。

また求人選びからするのはめんどくさい!
ハルダさん
ハルダさん
そうですよね。でも、しっかり情報提供してくれる転職エージェントなら求人選びも楽になりますし、結果として早期の内定獲得にも繋がるんですよ。

転職活動を成功させるためのポイントは、企業が求めるスキル・経験・知識を正しく把握して、自分がマッチする人材であることをアピールすることです。

そのためには「徹底した情報収集」が必要です。

本当に必要な情報収集には転職エージェントの協力が必要

情報収集といっても、ネットで拾えるような情報だけでは面接官に刺さるアピールはできません。

なぜなら、企業としては「こんなスキルや経験を持つ人材が欲しい」という情報を詳しく公開してしまうと、これから企業が人を増やして実行しようとしていること、つまり戦略がバレてしまう危険性があるため全ての情報を公開しているとは限らないからです。

そのため転職エージェントには「非公開求人」というエージェントに登録した人にしか紹介されない求人もあるほど。

このように、情報戦となる転職活動を成功させるには、転職エージェントの協力が必要です。

次のような悩みがあるなら、本当に必要な情報収集ができていない可能性が高いので、転職エージェントを見直すべきです。(転職エージェントを使っていない方は今すぐ登録すべきです)

  • 希望の求人が見つからない
  • 書類選考が通らない
  • 自己PRがイマイチ面接官に響かない

では、どんな転職エージェントがあなたの転職活動を成功に導いてくれるかというと、下記の通りです。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!

どうしても面接準備のやる気が起きないなら

どうしても面接準備のやる気が起きないなら、企業から動くのを待てば良いのです。

でも実は特別なことをしているわけではありません。

具体的には、求人サイトに登録して企業からのスカウトを待つだけのことです。

リクナビNEXTミイダスなどの求人サイトは求人を探すためではなく、スカウトサービスを利用するためにあるといっても過言ではありません。

最近では会社側も待っていても応募がこないのでスカウトサービスを使ってオファーすることも多くなっています。

あなたも自分なんてスカウトは来ないと思わないで、まずは登録しておいて損はありません。詳しくは以下の記事で。

[temp id=6]