給料アップ

仕事が増えるけど給料は増えない!割に合わない時の対処法

いくら頑張って働いても給料が上がらない。もしかして私、搾取されてるだけ?

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です。

仕事が増えるのに全く給料は増えない。

そんな状況に不満を抱えている人は多いのではないでしょうか。

この記事では、人事担当の視点から給料が増えない理由を説明するとともに、対処法を紹介します。

★メーカー人事オススメの転職エージェントはこちら★

製造業に強い転職エージェントをメーカー人事が紹介!【間違いなし】

仕事を頑張っても給料が増えない理由は?

全然給料が増えないのって、うちの会社はブラックなんじゃないか?と思いますよね。

給料が上がらないのは違法?そんな会社にいたらどうすべきか。 現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です! いくら頑張っても給料が上がらないのはおかしいと思いますよね。 ...

まずは、あなたの給料が増えない理由について、人事担当の視点から説明します。

なぜ給料は少しずつしか増えないのか

給料って、ほんの少しずつしか増えないですよね。

「業績が良いならもっと給料上げてくれてもいいのに!」と思う方は多いのではないでしょうか?

給料というのは労働の対価として支払われるものですが、日本企業での給料の決め方について知っておく必要があります。

アルバイトやパートは基本的に働いた時間によって給料が決まる「時給制」をとりますよね。

でも、正社員になると月給制となり、残業代を除いて基本給という決まった給料が支払われます。

会社によっては年功序列の要素が強かったり、成果主義の要素が強かったりしますが、ほとんどの日本企業では月の基本給は固定です。

そうなると、同じ給料でたくさん働いて成果を出してくれた方が会社としてはありがたいわけです。

ただ、あまりに低い給料で働かせすぎると従業員は辞めてしまうので、「もう少し給料上がったら良いのに」と感じつつ頑張れるギリギリのラインで給料を決めます。

そして、給料が上がるタイミングとして従業員全員の基本給を上げる「ベースアップ」がありますが、これを実施すると固定費が上がり、一度上げた給料はなかなか下げにくいので会社としては慎重になります。

すると結果的にジワジワとしか給料は増えないことになります。

これが、給料がなかなか増えない理由です。

給料が評価によって変動する場合

基本給は固定ですが、今では評価によって一部給料が上下する成果主義的な制度を導入している会社が増えています。

基本給は固定ですから、我々サラリーマンは高い評価を受けて少しでも給料を上げるしかありません。

ただし、何が評価されるのかは会社や職場、あるいは上司によって異なります。

評価ポイントとしては大きく以下の2種類に分けられます。

  1. 業務の量
  2. 業務の質

あなたの仕事が量を求められるのであれば、量をこなしていても給料が上がらないのは理不尽です。

一方、仕事の質を求められているのであれば、上司の求めるクオリティに達していなければ評価されませんので、なかなか給料は上がりません。

あなたの仕事に求められているのは量と質のどちらでしょうか?

どちらも、という職場もあるとは思いますが、求められていないことに注力しても評価には繋がりません。

もしかするとあなたの給料が上がらない理由は、上司の期待に沿った成果を出していないからかもしれません。

仕事が増えても給料が増えない場合の対処法

給料が増えないのはなぜか、どうしてもわからず理不尽だと感じる場合、どうすればよいのでしょうか。

現実的には評価を上げて給料アップに繋げるしかありませんので、評価を上げるためにどうすれば良いか説明します。

ここでは、先ほどあげた業務の量と質という観点で考えてみます。

量と質、どちらを求められているかを把握することで仕事の仕方が変わります。

業務量を求められる場合、できる仕事が増えれば給料も増える可能性あり

あなたが量をこなすことを求められているのであれば、効率アップのための業務改善を行いましょう。

1人でこなせる仕事量が増えれば、評価されるはず。

ただし、デキるやつと思われると仕事を増やされる可能性もあるので注意です。

それに、頑張れば頑張るほど仕事が回ると判断され、人を増やしてもらえないかもしれません。

そもそも、上司に業務改善を提案しても、今のやり方に固執して改善を認めてもらえない可能性もあります。

業務の質を問われる場合、仕事のモチベーションを高めるだけじゃ給料は増えない

業務の質を問われる場合はどうでしょうか。

業務の質を強く求められる会社なら、成果主義を導入していると思われますので比較的給料が上がりやすいかもしれません。

この場合、上司の求める仕事の質と方向性を確認することが重要です。

自分勝手に仕事を進めて「頑張っているのに給料が上がらない!」と愚痴るのは危険です。

かといって「給料が上がらないのは自分のせいだ!」といって無理にモチベーションを上げようとするのも間違いです。

給料が上がらない代わりにモチベーションを上げようとしていませんか? 給料が上がらないとモチベーションは上がりませんよね。 でもそんなんじゃダメだ!と思って無理にモチベーションを上げようとして...

重要なのは、サラリーマンは上司が期待する成果の方向性を間違うと評価されないということです。

どうしても給料に納得できないなら転職を検討しよう

ハルダさん
ハルダさん

正当な評価をしない理不尽な会社にいても、正直言って状況が劇的に改善されることはありません。少し外に目を向けてみれば待遇の良い会社はいくらでもありますよ。

希望の求人に合格するには転職エージェントの利用が必須

今、日本では労働人口減少により企業は人材不足に陥っています。つまり企業の採用意欲も高く、転職のチャンスが到来しているということです。

私の勤務先でもそうですが、中途採用では学歴や職歴を問わず選考しています。だから学歴フィルターに引っかかって新卒では選考を受けることすらできなかった企業に入ることもできます。

ただし、ライバルが多いことも事実。

中途採用はひとつの求人で大量に採用するものではないので、希望の職種で内定を取るにはスピードが求められます。効率よく転職活動を進めるには、常に情報を持っておいて、タイミングよく求人に応募することが重要です。

そこで、転職エージェントに登録しておくことによって求人情報をタイムリーに手に入れることができます。

転職エージェントを利用する最大の理由は上記の通り「情報収集」ですが、他にも利用するメリットはたくさんあります。

転職エージェントを利用するメリット
  • 個人では知ることのできない、エージェントが企業から直接聞いた情報をもらえる
  • 応募者の希望だけでなくキャリア相談の結果に基づいて求人を紹介してもらえる(中には国家資格キャリアコンサルタントの保有者もいる)
  • 転職サイトからは応募できない非公開求人に応募できる
  • 経歴書作成や面接対策などの選考に関するアドバイスをもらえる
  • これだけのメリットがあるにも関わらず、最初から最後まで全て無料で利用できる

転職せざるを得ない状況になった時、エージェントと関係を築けていないと希望しない求人を紹介されたり、スタートダッシュができずにライバルに遅れをとってしまいます。

登録には5分もかかりません。今すぐ転職を考えていなくても、いざという時に備えておきましょう。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!