面接対策

中途採用の面接日程が調整できないと不合格?対処法は?

面接の日程がなかなか調整できない。企業からの連絡が遅い。これって不合格フラグ?

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した方から転職の成功談・失敗談を聞いてきました。

そして、様々な転職エージェントとも関わる中で転職活動に関するノウハウを聞いてきました。

このような採用活動の中で得た情報に加えて、採用担当者の視点や経験に基づいてその疑問にお答えします。

中途採用の面接日程が調整できないと不合格?

転職活動をしていて面接の日程がなかなか調整できないとヤキモキしますよね。

自分にはあまり興味がないのかな、なんて不合格フラグも疑ってしまうかもしれません。

ですがまだ諦めないでください!

企業側にも日程調整ができなかったり、連絡が遅い理由があるんです。

ですから中途採用の面接日程が調整できない=不合格というわけではありませんのでご安心ください。

日程調整ができない・決まるのが遅い理由

ではなぜ日程調整がうまくいかないのかについて企業側の視点で3つの理由を説明します。

【各面接官が原因】面接官同士の都合がつかない

この理由が最も多いと思うのですが、面接官同士の都合がつかないことがあります。

面接官は人事部門だけではなく、募集部門からも出席します。

▼【関連】転職活動の面接で面接官が複数いる場合の役割は?現役人事が教える。

【転職】面接官が複数いる場合の役割は?採用担当が教える現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。 中途採用面接に出席する面接官は複数人であることがほとんどです。 ...

人事部門だけならある程度柔軟に調整できるかもしれません。

ですが面接官は部門のトップであることが多いので、忙しい部門で募集をかけている場合にはなかなか都合が合わないこともあります。

【人事部門が原因】他の応募者とバッティングしている

募集部門の予定は空いているけど、人事部門の予定が埋まっていることがあります。

応募先の企業で複数の中途採用を行なっている場合、人事部門はそれぞれこ面接に出席しなければなりませんから面接がバッティングすることも多々あります。

基本的には先に入っていた面接を優先しますが、後から入ってきた面接も実施したい、つまり採用意欲が高い場合には元々入っていた面接の時間を調整するため時間がかかることがあります。

【募集部門が原因】募集部門の面接官が忙しすぎる

募集部門の面接官は部長や課長などのマネージャーであることが多く、そういった役職者は非常に忙しいためなかなか面接の時間を確保できないことがあります。

時には長期出張に出ているということもあります。

日程調整できない時の対処法

せっかく通った書類選考ですから、面接日程が調整できず、面接調整が上手くいった人が合格になり、自分が採用見送りになってしまうのは避けたいですよね。

ここからはなかなか日程調整ができない時の対処法を紹介します。

とにかく企業の都合に合わせる

採用担当として一番ありがたいのは「いつでも行けます」これに尽きます。

面接官の都合がつき次第調整できるわけですから、第一希望の求人ならこれくらいやっても良いと思います。

また、企業としても苦肉の策で夜間や休日の面接を提案してくることもありますが、あなたを採用したいという意欲のあらわれですからチャンスと思ってください。

スカイプなどWEB面接を提案する

面接日程が調整できない理由の一つに、場所の問題があります。

例えば人事が東京本社で働いているけど採用するのは大阪支社なので大阪で面接するとなった際、採用担当が大阪に出張するケースがあります。

そうなると、移動の必要がない東京で面接するよりも大阪で面接する方が日程調整しにくいですよね。

ですから可能な限り「どこでも行きます」というスタンスでいる方が日程調整はスムーズにいきます。

狙った条件に合わせて選考を受ける

あなたが転職先として選ぶ条件があるのなら、転職エージェントに希望を伝えておいて、条件に合う求人が出た時点ですぐに情報をもらえる状態を整えておきましょう。

そうすれば、求人が出てすぐに応募することができます。

企業が求人を出したばかりの時はかなり採用意欲が高いので、多少ニーズと違っていてもまずは会ってみようという気になります。

最初だから比較されそうと不安になると思いますが、企業としては一刻も早く人が欲しい状況であることが多いので、あなたが企業のニーズを満たす条件を備えていることをしっかりアピールできれば即採用なんてことも珍しくありません。

面接日程がすぐ調整される人のヒミツとは?

実は中途採用で大人数を一気に採用することは少ないんです。

なぜなら中途採用は即戦力といえども企業文化やその会社特有の仕事の進め方などがあるので教育の手間がかかるからです。

ですから自分よりも採用の可能性が高いと判断される人がいたら、その人の方が面接が早く調整されてしまいます。

ということは、あなたもその「採用の可能性が高い人」になれば良いというわけです。

このサイトでは誰でも手順に沿って転職活動すれば合格率が上がるよう再現性の高いノウハウを紹介しています。

具体的に書いているため少し長い記事ですが、一読の価値はあると思いますので、転職活動を効率良く成功させたい方は是非次の記事をご覧ください。

転職の方法を超具体的に話そう【現役人事おすすめの手順】現役メーカー人事のハルダディ(@haru_dadd)です。 この記事は次のような方のために、現役で中途採用担当をつとめる私が持って...