転職ノウハウ

【転職】面接に受かる気がしない人でも合格率を上げる方法【人事直伝】

面接に受かる気がしない…。何がいけないのか、誰か教えて!

面接と聞くと、何を聞かれるか分からないし緊張するし、すごくハードルが高く感じますよね。

ですが、転職活動の面接はこの記事を読んで対策すれば、合格率を飛躍的に高めることができます。

なぜなら、私は中途採用面接の面接官を務めているので受かる人・落ちる人の違いがわかっているからです。

この記事では、自分でも気がつかない「面接に落ちる理由と対策」を紹介しています。

読み終える頃には「だから受からなかったのか!」という納得感と面接への自信が生まれてくるはずです。

面接に受からない3つの理由

面接は企業によって違うので落ちる理由がわからないと思われるかもしれません。

でも、どんな企業でも面接の考え方のベースは同じなので、ポイントを押さえないとどの企業を受けても不合格となってしまうのです。

そこでまずは、面接に受からない3つの理由を説明します。その理由とは下記の通りです。

  • 受かる求人に応募してない
  • 受からない言動をしている
  • 緊張し過ぎている

ちなみに、対策についても後ほど紹介していきます。

受かる求人に応募してない

1つ目は、そもそも受かる求人に応募してないということです。

労働力不足の今でこそ未経験でも中途採用するというケースもありますが、基本的にはスキルや経験を持つ人を採用するものです。

面接に受かる気がしないというのは、たまたま何か求人に当てはまるものがあって書類選考が通過しているものの、話してみると求めるものと違っていたり、求めるレベルに至ってない可能性があります。

逆に、企業が求めるスキルや経験をあなた自身が持っているとわかれば、自信を持って面接に臨むこともできるはず。

ですからまずはあなたが受かると思われる求人に応募することが前提となるのです。

転職活動をする方は面接を重視する方が多いのですが、応募から選考が始まっていることを忘れてはいけません。

求人選び・書類選考・面接、トータルで選考と考えるようにしましょう。

【転職】書類選考でほぼ内定なんてあり得る?【採用担当が教える】「中途採用では書類選考の時点で内定が決まることがあるってホント?」そんな疑問を持っている方に、この記事では本当に書類選考で内が決まることはあるのか。また面接官は書類選考でどこを見ているのか、中途採用担当が説明します。...

受からない言動をしている

2つ目は、自分でも気づかないうちにしている発言や行動によって評価が下がっている可能性があるということです。

発言や話し方、態度は面接で指摘されることはまずありませんし、自分でも気がつかないということは直しようがありませんよね。

ですから、何度面接を受けても受からないし、理由も分からないままなのです。

マナーには気をつけているという方は要注意です。はっきり言って、あまりに失礼なことをしなければ、面接官はマナーなど大して気にしません。

それよりも応募者が面接で「何を言ったか」「どんな姿勢・態度だったか」の方が印象に残ります。

また「言動なんか本質じゃないでしょ」と思うかもしれませんが、短時間で判断される面接では非常に重要な評価項目です。

仕事では人と円滑にコミュニケーションをとれることが最低要件なので第一印象が悪いのは致命的です。

ですからこの記事では、面接官から「書類選考では期待したけど、会ってみたらダメだった」と思われないように気をつけることを紹介します。

緊張し過ぎている

3つ目は、緊張し過ぎているということです。

面接という特殊な場面では、誰もが多少は緊張するものですが、正直言って緊張してもしてなくてもそれはどうでも良いことです。

悪いのは、緊張によって伝えるべきことを伝えられないことです。

面接は長くても1時間程度のコミュニケーションの機会ですから、自らアピールポイントを伝えなければ面接官に採用したいと思わせることはできません。

というわけで、この記事では緊張を少しでも和らげるための方法を紹介します。

面接の合否は応募する求人と書類選考で決まる

内定獲得のためには「受かる求人」に応募しなければならないと書きました。

そのために何をすべきかというと、情報収集です。

もう少し具体的に言えば、選考を受けている企業がどんなスキルや経験を持つ人を求めているかという情報です。

このような話をすると「募集要項を読み込むぞ!」という方がいるのですが、それではアピールに繋がりません。

なぜなら、募集要項にはざっくりとしたことしか書かれていないので、面接官に何をアピールすれば刺さるのか分からないからです。

そこで利用するのが転職エージェント

転職エージェントは企業の人事担当とコネクションを持っています。時には募集部門のトップから生の声を拾ってきて、どんな人が求められているのかを詳細に把握しています。

ですから、なかなか受からないというあなたがすべきなのは、転職エージェントから情報を得て、応募先が求めていることにピンポイントでアピールすることです。

ただ、全てのエージェントが企業とコネクションを持っているかというとそうではありません。

転職エージェントに登録してない人はもちろん、既に使っているという人も、情報収集できないエージェントなら今すぐ見直すべきです。

ちなみに中途採用担当の私がオススメするのはマイナビエージェントですが、「リクルーティングアドバイザー」という企業から情報を集めて求職者とマッチングを図る担当者がいます。

つまり、「受かる求人」を教えてくれる可能性が高いというわけですね。

中途採用面接に受かるために気をつけるべき発言と行動

受からない理由の1つとして、自分でも気づかないうちにしている発言や行動によって評価が下がっている可能性があると書きました。

ここでは、避けるべき発言と好印象な姿勢や態度について触れたいと思います。

面接で避けるべき発言

面接で気をつける発言は以下の通りです。

  • ネガティブな発言は避ける
  • 転職理由の説明は特に注意

以下、詳しく説明します。

ネガティブな発言は避ける

いくらアピールしてもネガティブな発言を避けた方が良いのにはワケがあります。

あなたの合否を決めるのは面接官だと思うかもしれませんが、最後に決めるのは人事担当の部門長か事業部門のトップです。

そのために面接官は採用決裁をあげますが、ポジティブな評価が多くても、実際に会っていない決裁者は1つのネガティブな評価を気にして不合格という結論を出してしまうこともあります。

実際に応募者に会っていない人が採用可否を決める。この構造がネガティブ発言を避けるべき大きな理由です。

では、どんな発言を避けるべきなのか、具体例をリストアップしておきます。

  • 今の仕事が嫌
  • 人間関係でトラブルがあった
  • 体調を崩した
  • 「多分」「だと思う」の多用
  • 「絶対できません」「やりたくない」
  • 「逃げたい」「避けたい」

誰でも弱点や不安に思うことはあると思いますが、面接官が聞いてしまったら報告事項になりますので、わじわざ自分から言わなくてOKです。

転職理由の説明は特に注意

発言で特に注意してほしいのは転職理由の説明です。

私は面接では基本的に正直に答えることをオススメしていますが、転職理由だけは例外です。

転職理由は言い換えれば「なぜ現職を辞める必要があるのか」ということですが、面接官としてはネガティブな理由を聞いてしまうと「それは転職先でも同じことが起こるのではないか?」と思ってしまいます。

せっかく採用コストをかけているのに、すぐ辞められたり、トラブルを起こすようなら採用しない方が良いよね。という思考に繋がるというわけです。

ですから、転職理由は本当はネガティブだとしても言い換えることで悪印象を避けましょう。

例えば以下のような感じです。

違う職種を経験したい

現在の業務に面白みを感じなくなったため、さらなる成長のため転職を希望しています。

現職での経験を活かしながら○○の職種に携わることでさらなる貢献ができると考えていますが、現職では異動が叶わず転職をしようと決意しました。

長時間労働の環境を変えたい

長時間労働が常態化しており、労働環境を変えるために転職を決意しました。

必要な長時間労働は全く問題ありませんが、人件費削減のため業務効率化によって労働時間を削減しようと提案したものの保守的な文化で聞き入れられなかったため転職を決意しました。

ちなみに言い換えが難しいのは人間関係が理由の転職です。

人間関係のトラブルは原因が双方にあることが多く、面接官としては片方の話しか聞けないので「応募者にも問題はあるかもしれない」と疑われる可能性が高いからです。

面接で好印象な姿勢や態度

面接で好印象な姿勢や態度というと特別意識しなければできないと思われがちですが、実はシンプルなことばかりです。

とりあえず列挙します。

  • 挨拶
  • 返事
  • ハッキリしゃべる
  • 笑顔
  • 背筋を伸ばして座る

こんなこと?と思われるかもしれません。

面接官は上記のことを絶対に気にします。

なぜなら、わざわざ自分の部下に印象の良くない人を採用したくないからです。

逆に上記のことに注意すれば、少なくとも印象で足切りされることはないでしょう。

おそらく出来る人は当たり前にできているし、出来ない人は入社してからわざわざ注意されることもなく今に至るというものなので、お互い意識していないだけです。

だからこそ、意識するだけで簡単にライバルと差をつけることができるのです。

面接で会話が噛み合わない人は、話すよりも聴くことを重視しよう

面接していると、聞きたいことに答えてくれず会話が噛み合わない方がいますが、これはかなり評価が下がります。

なぜなら仕事上でも上手くコミュニケーションが取れずにトラブルを起こす危険性があるからです。

そのような人の特徴は、自分がアピールしたいことを言いたいあまり面接官の質問内容を無視してしまったり、アピールできそうな質問がくると少しズレててもアピールを盛り込もうとしてしまいます。

ですから、一旦アピールしたい気持ちは抑えて面接官の質問をよく聴き、聞かれたことにストレートに答えましょう。

質問が理解できなければ、聞き返しても全く問題ありません。

言動は人に言われないと絶対に直せない

以上紹介した面接で気をつけるべき発言や行動は、気づけば修正できますが「無意識」であることが最大の問題です。

ですからまずは、自分の言動は誰かに指摘されなければ絶対に修正できないと思ってください。

でも誰かに指摘してもらいたくても、職場で転職活動をしているなんて言えませんし、家族に見てもらうとしても家庭と仕事中の姿とは違うかもしれません。

そんな時、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントは面接対策をしてくれますが、最大のメリットは客観的な視点で言動を修正してもらえることです。

ここでエージェントが遠慮しては意味がないので、厳しくコメントしてもらうようにしましょう。

転職エージェントを利用してない方や面接対策をしてくれない場合にはエージェントを見直しましょう。

緊張しないための考え方と対処法

緊張は面接に臨む上で最大の敵となります。しかも、希望の求人があって準備をすればするほど緊張感は高まり実力を発揮できなくなるんですよね。

だったら逆の考え方で臨めば良いんです。具体的には下記の通り。

緊張しないための考え方

  • 正直に答える
  • 希望の求人にこだわり過ぎない
  • 面接官だって普通のサラリーマン
  • 上手く答えられなくても良い

以下、説明していきます。

正直に答える

緊張しない一番の方法は、聞かれたことにそのまま正直に答えることです。

聞かれたことに答えるのは普段からやっていることですから、多少の緊張はあるにせよ、暗記に頼って言いたいことを言えなくなることはありません。

わからないことはわからないで良いんです。無理に答えようとして的外れなことを言うよりも、どこまでわかってどこからわからないということを正直に伝えた方が面接官としても安心できます。

希望の求人にこだわり過ぎない

希望の求人にこだわると、失敗できないという気持ちが強くなって緊張します。

受かりたい求人があったとしても、本当にあなたに合う仕事かどうかなんてわかりませんよね。

むしろ、伝えるべきことを伝えて落ちるのなら「合わなかったのだ」と思って気にしないくらいがちょうどいいと思います。

面接官だって普通のサラリーマン

面接官というと特別なイメージを持つかもしれませんが、あなたと同じサラリーマンです。

目の前に座ってる面接官だって、転職活動すればあなたと同じ立場になる人たちです。

ですから、面接だからといって身構える必要はありません。

イメージとしては上司と話すくらいの感覚でいるくらいでOKです。

上手く答えられなくても良い

面接というと、流暢に上手く答えなければならないと思うかもしれませんが、全くそんなことはありません。

なぜなら、話の上手さより内容が重要だからです。

例えばとても流暢にどこでも使えるような志望動機を話すより、つっかえながらでも自社に入るしかないと思わせる志望動機を語る方が心に響きます。

このように、スマートでなくてもあいてが何を求めてるのか、考えながらゆっくり話すことを意識しましょう。

面接で緊張への対処法

  • よくある質問の答えは考えておく
  • 求人について徹底的に調べておく

よくある質問の答えは考えておく

「自己紹介」「転職理由」「志望動機」は、ほとんどの面接で聞かれることなので、予め考えておきましょう。

よくある質問で答えにつまづくと、焦ってその後の質問にも悪影響を及ぼすからです。

求人について徹底的に調べておく

自分のことを聞かれる分には正直に答えれば良いので問題ありません。

問題は、応募先のことを聞かれたとき。

なぜなら、何を聞かれるか分からないことが緊張を招くからです。

面接官としては不合格にするつもりで質問しているわけではありません。

例えば、製品についてどれくらい知っているか聞くこともあるのですが、別に完璧に知らなくても問題ないと思っていることの方が多いです。

でも応募者の方は「少しでも知らないことがあったらアウト」という意識が働いてガチガチになってしまうことはよくあります。

そうならないために、応募先のことは何でも知ってると思えるくらいまで情報収集しておきましょう。

上記の考え方を意識しながら数をこなす

あとは、上記で紹介した緊張しない考え方と対処法を意識しながら面接数をこなして慣れることです。

数をこなしていると「あ、これでいいんだ」と思える時が来るはずです。

そう、面接はあくまで採用したい人と入社したい人のコミュニケーションであり、それ以上でも以下でもありません。

ただし練習のために受けるのはやめましょう。

なぜなら、練習と思って受けるのと本気で受けるのとは気持ちの面で条件が異なってしまい、慣れたと思っても本命の選考を受けた時「次は本番だ」という意識が働いて余計に緊張してしまうからです。

あくまでも希望する求人の選考を受けてくださいね。

自己PRは相手のニーズに合わせなければ、いくら練習しても効果がない

中途採用面接では「自己PRをお願いします」と言われることは少ないです。

なぜなら新卒採用の面接と異なり、1対1で長めに時間を確保して、経験やスキルを聞き出しながら求人にマッチするか判断しているからです。

ですから自己PRを一生懸命練習する意味はありません。

例えば、何とか練習した自己PRを披露したくて、下手なタイミングで話してしまうと、面接官としては「そんなこと聞いてないんだけどな」と思うだけで逆効果になってしまいます。

そのため中途採用面接では、面接官が何を求めているか聞き出してからそれに対して「それなら私できますよ」とさりげなくアピールすると効果的です。

具体的には、以下のようなイメージです。

面接官:○○業務の経験はありますか?

あなた:はい、あります。

面接官:具体的に説明していただけますか?

あなた:(具体的な経験談を話した後)逆に質問させていただいてもよろしいですか?

面接官:どうぞ。

あなた:今回の求人では、○○業務の経験のうちどんな点が重要になりますか?

面接官:特に、〜〜〜という経験や知識が重要ですね。

あなた:なるほど、そのような経験であれば多数経験していますので、知識を活かせると思います。

このように、質問の間に逆質問を挟んで面接官が知りたいことを聞き出してしまえば良いのです。

ただ、はじめに聞かれたことには一度答えてからでないと質問を質問で返すことになるので注意してください。

納得感のある志望動機の話し方

面接後のフィードバックで「志望動機が薄い」なんて言われたことはありませんか?

本気で入社したいと思っていても、気持ちだけでは面接官は納得しません。

実は、重要なのは入社したいという気持ちではなく、どんな思考で選考を受けることになったのかを論理的に説明することです。

以下、面接官を納得させる志望動機の考え方を紹介します。

希望の求人でなければならない理由を探す

志望動機の考え方の基本は、できる限り他の企業・他の求人では当てはまらない理由を考えることです。

ただし本当に一つに絞り込む必要はなく、最終的に絞り込まれた3社の選考を受けているという状況でもマイナスにはなりません。

理由を挙げるときに効果的なのは「他には?」「なぜ?」と自分に問いかけることです。

例えば、あなたが関西の製造業を受けているとしましょう。

「関西にUターンしたいから」という理由だけだと絞り込めていませんが、ここで「他には?」と自分に問いかけ「製造業で働きたいから」さらに「なぜ?」と問いかけ製造業で働きたい理由を考えていくと、説得力のある理由となっていきます。

求めるスキルや経験とのマッチング

志望動機は半分自己PRみたいなものです。

なぜなら、「○○の経験をしてきたので、この求人の仕事が自分が貢献できそうだと思ったから」というのが志望動機の一つであるべきだからです。

前述したように、企業としてはなるべく即戦力となる人材を求めているので「この仕事で貢献できる・したい」という人が応募してきたら嬉しいですから。

応募先のミッションに共感する

他の志望動機とセットで伝えると効果的なのが応募先のミッションに共感していると伝えることです。

応募先というのは会社と募集部門両方のことです。

なぜ効果的かというと、ミッションはその会社・部門の独自色を出すように考えられていることが多いので「ここで働きたい」という気持ちを伝えやすいからです。

伝える時は「なぜ共感しているのか」というミッションに共感している理由を自分の業務経験や性格面に触れながら説明すると説得力が増します。

逆質問の方法

逆質問は、純粋に聴きたいことを聴くのはもちろん、アピールにも繋がります。

なぜなら、質問が専門的であれば経験や知識がある証拠を示すことにもなるからです。

例えば、同じ趣味の人がいたとして、専門用語などを使いながら話が通じると、どれくらいの経験や知識があるのか分かりますし、嬉しいですよね。面接も同様なんです。

逆質問の考え方は、具体的には下記の通りです。

  1. 応募先の仕事内容のうち自分が似たような経験があるか面接前に確認しておく(事前に確認できなければ面接で業務の流れを聞く)
  2. 類似する業務について質問する。

質問例

現職でも似たような業務を担当しています。当社では○○業務は〜〜という流れで進めるのですが、御社ではどのように対応されているのでしょうか?私の経験がどれくらいすぐに活かせるのか知りたいので差し支えなければ教えてください。

面接に受かる自信がない人へ

最後に、受かる自信がない人のために、よくある「自信がない理由」について触れたいと思います。

  • 大手・正社員には受かる気がしない
  • 受けてもいないのに自信がない
  • 倍率高くてどうせ受からない
  • 転職回数が多くて受かる気がしない
  • 精神疾患にかかったらもう受からない

それぞれ、私が思うところをお伝えしていきます。

大手・正社員には受かる気がしない

現職が中小企業だったり、非正規社員だったりすると受からないと思うかもしれませんがそれは違います。

今は労働人口の減少によって現職・前職での経験を重視する傾向が強くなっているからです。

もちろん前職で正社員の経験を求める企業もありますが、企業も中途採用が難航していることもありピンポイントで活かせる経験を求めることも多々あります。

企業がどんな経験を求めているのかピンポイントに把握するためには

受けてもいないのに自信がない

選考を受けなければ内定はあり得ません。チャンスがあるのなら受けてみましょう。

まずは書類選考ですが、実は企業の中途入社者に求めるニーズを把握してアピールするように応募書類を作成すれば、面接官の採用意欲が高い状態で面接を受けることができます。

中途採用ではある程度書類選考で欲しい人材かどうかが分かるので、面接に進むということは採用の可能性が高いのです。

倍率高くてどうせ受からない

中途採用は1つの求人で1人しか採用しないことはザラですから倍率が高くなるのは仕方のないことです。

ただ、一気に複数人採用しても育成が追いつかないので半年に1人採用するというように長期間採用を続ける場合も多いです。

このような「何人採用するのか?」「どのくらいの期間募集するのか?」といった情報も転職エージェントから入手することができます。

それに、確かに募集人数1人の求人に5人応募したら倍率は5倍となってしまいますが、まともに求人を調べず応募している人もいる可能性がありますし、応募先のニーズに対してアピールできている人はさらに少なくなるでしょう。

なぜなら転職エージェントによっては、保有求人数は多くてもひたすら応募させて内定の確率を高めるだけのエージェントもいるからです。

ですから、求人を調査する力と求職者の持つスキルや経験を理解する力を持つエージェントを選ぶ必要があるのです。

転職回数が多くて受かる気がしない

転職回数が多いと登録できないエージェントも存在しますので、転職しにくくなると言えるかもしれません。

ですが、業界・企業によって考え方はかなり違います。

例えば終身雇用・年功序列の色が濃い業界(製造業・建設業・インフラ系など)は転職回数がネックになりやすいです。

一方、IT・人材系といった業界は転職回数が多くても受け入れられやすいです。

ただ最近では前者であっても人員不足のため2〜3回転職歴があっても足切りされることはなく、その理由によって判断されます。

ですから単純に転職回数が多いからといって諦めるのではなく、様々な業界をチェックしたり、各転職歴の理由を上手く説明できるように考えてみてはいかがでしょうか。

精神疾患にかかったらもう受からない?

例えば過去にメンタル不調に陥ってしまった方、大手への転職は難しいかもしれません。

なぜなら組織が大きい分、様々な人間関係がありますし、理解のない上司に当たる可能性も大いにあるからです。

一方、中小企業も古い会社だと、大手同様理解がないこともありますし閉じた社会なのでさらにオススメしません。

最近できた若い企業の経営者や人事担当の中には、メンタルやモチベーションなど人の心を重視したマネジメントをする人も増えています。

また人間関係が苦手という人はリモートワークという手段を考えても良いでしょう。

リモートワークはオフィスに出社することなく仕事をするスタイルですが、最近では完全に出社しなくて良い「フルリモートワーク」の会社も増えています。

まとめ 〜転職活動は情報戦〜

転職活動を成功させるコツをあえて一言でまとめるならば次の通りです。

「自分を知ってもらうより、まずは相手を知ることに徹する」

ですから、転職活動は情報戦と言えるのです。

本当に必要な情報収集には転職エージェントの協力が必要

情報収集といっても、ネットで拾えるような情報だけでは面接官に刺さるアピールはできません。

なぜなら、企業としては「こんなスキルや経験を持つ人材が欲しい」という情報を詳しく公開してしまうと、これから企業が人を増やして実行しようとしていること、つまり戦略がバレてしまう危険性があるため全ての情報を公開しているとは限らないからです。

そのため転職エージェントには「非公開求人」というエージェントに登録した人にしか紹介されない求人もあるほど。

このように、情報戦となる転職活動を成功させるには、転職エージェントの協力が必要です。

次のような悩みがあるなら、本当に必要な情報収集ができていない可能性が高いので、転職エージェントを見直すべきです。(転職エージェントを使っていない方は今すぐ登録すべきです)

  • 希望の求人が見つからない
  • 書類選考が通らない
  • 自己PRがイマイチ面接官に響かない

では、どんな転職エージェントがあなたの転職活動を成功に導いてくれるかというと、下記の通りです。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!