面接対策

【転職】面接辞退しようか迷うなら間違いなく受けに行くべき【5つの理由】

転職活動中なんだけど、次の面接辞退しようか迷うなあ。仕事も忙しいし、あまり志望度も高くないんだけど、どうしたら良い?

現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です!

私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した方から転職の成功談・失敗談を聞いてきました。

そして、様々な転職エージェントとも関わる中で転職活動に関するノウハウを聞いてきました。

このような採用活動の中で仕入れた情報に加え、採用担当者の視点や経験に基づきその疑問にお答えします。

★メーカー人事オススメの転職エージェントはこちら★

製造業に強い転職エージェントをメーカー人事が紹介!【間違いなし】

【転職】面接辞退しようか迷うなら間違いなく受けに行くべき【5つの理由】

面接辞退しようか迷ったらどうすべきか?

採用担当の経験からすれば、結論としては受けに行くべきです。

その理由は5つ、以下説明していきます。

プラスの理由

まず、理由①〜③はプラスの理由です。

基本的には行かなきゃもったいない!という話です。

①面接に進んだということは合格の可能性がある

中途採用の場合、面接に進んだということは合格の可能性が高いんです。

なぜそんなことが言えるのかというと、人物重視の新卒採用と違って中途採用は企業が求めるスキル・経験・知識などを持っているかどうかが重要です。

そして、スキル・経験・知識などを応募者が持っているかどうかは職務経歴書を見ればある程度分かります。

ですから、受かりそうな人かどうか書類選考で判断して面接に進んでもらうことができるわけです。

ということは面接に進んだあなたは合格できる可能性が高いと言えますよね。

②面接でしか聞けない求人の情報がある

募集要項のスペースは限られているため、そこに書かれている情報は正直言って業務のごく一部です。

ですから仕事の魅力・やりがい、職場環境、身につくスキル・知識などの募集要項に書ききれないことがたくさんあります。

このような情報を実際に働く人から直接聞くことができるのが面接です。

つまり、もしかしたらあなたにとって理想の職場かもしれないということです。

面接は質問されるだけの場ではないということを覚えておきましょう。

③面接慣れするチャンス

面接が苦手でモチベーションが下がっているなら、むしろ面接に行って場数を踏むべきです。

面接に対する不安や緊張はある程度抑える方法はありますが、ハッキリ言って場数を踏むのが面接で緊張しないメンタルをつくるのに最も効率的な方法です。

【転職】面接に対する不安との付き合い方【採用担当が教える】 現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です! 私はとある企業の中途採用担当として、数百人の面接を担当し、入社した...

ですから多少気乗りしない面接であっても、面接官と話すことでどんな質問をされるのか分かり今後に活かせますし、先ほどお伝えしたように実はその企業があなたの理想かもしれません。

マイナスの理由

理由④・⑤はマイナスの理由です。

特に、まだ1社も内定していない方にとっては致命的だと思いますので要チェックです。

④転職エージェントにそっぽを向かれる

面接辞退を繰り返すと転職エージェントにそっぽを向かれることがあります。

その理由は転職エージェントのビジネスモデルにあります。

転職エージェントは自社に登録している転職希望者が入社して初めて報酬を手にすることができます。

そのため面接を辞退してなかなか内定が決まらない人には、そのうち求人を紹介してくれなくなってしまいます。

さらにタチが悪いのが、全く紹介してくれないのではなく、最終的には離職者が多いなどの理由で誰でも採用するような企業の求人を紹介されるリスクもあります。

また、企業としてもエージェントに責任を求めがちなので、エージェントに迷惑をかけることになりますよね。

そうなるとエージェントとしてはすぐに辞退するような人のサポートはしたくありません。

転職希望者は、自分が転職エージェントの顧客だと勘違いする人がいますが、転職エージェントの顧客は企業です。

基本的には転職エージェントは企業の方を見ていますから注意してくださいね。

ただ中には、企業と転職者の両方を見てお互い幸せになれることを考える素晴らしいエージェントもいます。

本サイトではそんなエージェントの特徴をまとめています。

転職エージェント信頼度チェックリスト【採用担当が作成】現役メーカー人事のハルダ(@haru_dadd)です! 現在、転職市場は労働人口の減少により転職しやすくなり、売り手市場と呼ばれて...

⑤辞退した企業は受けられない可能性あり

一度辞退したら、次は書類選考も通過しない可能性があります。

これって実質、応募できないのと同じことですよね。

また、一度応募したら再応募するには期間を空けなければならないという企業もあります。

そうなると、とれると思っていた内定が全然とれず持ち駒がなくなってきた場合に、「この前辞退したけどやっぱり応募したくなった」という企業も受けることができなくなってしまうのです。

辞退したことなど覚えているのかと思われるかもしれませんが、応募者のデータが残っており辞退した記録が残るため、採用担当を欺くことはできません。

転職を成功させるには絶対に押さえるべきポイントがある

転職活動を成功させるためには、企業が求めるスキル・経験・知識を正しく把握して、自分がマッチする人材であることをアピールしなければなりません。

そのためには「徹底した情報収集」が必要なのです。

本当に必要な情報収集には転職エージェントの協力が必要

情報収集といっても、ネットで拾えるような情報だけでは面接官に刺さるアピールはできません。

なぜなら、ネットに公開されている情報は誰でも見ることができる情報です。それではライバルに差をつけることはできません。

また、企業が欲しがっている人材をピンポイントに把握するには応募する企業から情報収集するのが最も正確です。

ですから転職活動は情報戦なのです。

このように、情報戦となる転職活動を成功させるには、転職エージェントの協力が必要です。

次のような悩みがあるなら、本当に必要な情報収集ができていない可能性が高いので、転職エージェントを見直すべきです。(転職エージェントを使っていない方は今すぐ登録すべきです)

  • 希望の求人が見つからない
  • 書類選考が通らない
  • 自己PRがイマイチ面接官に響かない

では、どんな転職エージェントがあなたの転職活動を成功に導いてくれるかというと、下記の通りです。

現役人事がオススメする転職エージェント

ここで、現役人事の私が中途採用担当の視点でオススメできる転職エージェントを紹介します。

まず全ての方にオススメなのが、マイナビエージェントです。一般的な転職サポートに加えて以下の強みがあります。

マイナビエージェントの特長
  • 「リクルーティングアドバイザー」の徹底した情報収集によって、求職者にピッタリの求人を紹介できる強いマッチング力がある。(未経験職種の希望にも対応可能)
  • 保有する求人の約80%が非公開求人(人気企業で人が集まりすぎる求人や機密情報を含むオープンにできない求人)。
  • 新卒採用事業やそれぞれの専門職種に特化した人材紹介サービスの展開によって幅広い業界に強みがある。(中途採用担当として取引している感覚では特に営業など文系に強い印象)

登録は、以下の公式サイトからできます。

登録はこちら

 

また、私はメーカーで人事を担当しているのですが、製造業への転職を希望する理系・技術系・エンジニアの方にはメイテックネクストが圧倒的にオススメです。

メイテックネクストの特長
  • 製造業に特化した求人を保有。
  • 技術派遣事業で培った製造業界についての詳しい知識を持つため、製造業界各企業からの信頼も厚い。
  • 元エンジニアなどの専門知識を持つエージェントが多数在籍。専門知識を基にマッチする求人を紹介してもらえたり、経歴書作成や面接のアドバイスをもらえる。

以下の公式サイトから登録できます。

登録はこちら

転職に成功できるかどうかはエージェント選びによって左右されるといっても過言ではありません。

そして、新たな求人が出たらタイムリーに応募するのが最も合格可能性が高く、ライバルも少ないです。

ご存知の通り、転職エージェントの利用は無料ですし登録にも時間はかかりません。転職エージェントに希望を伝えておいて、求人が出た瞬間に情報提供してもらえるように今すぐ登録しておきましょう!